メニュー

ご挨拶

銘煌CITクリニック院長 藤田成晴

 

皆様こんにちは、銘煌CITクリニック院長の藤田と申します。

小生は東京大学医科学研究所附属病院先端診療部に研修医として配属して以来、内科臨床に携わりながら、長らく樹状細胞Tリンパ球の研究を行って参りました。東京大学医科学研究所発ベンチャー企業のテラ社樹状細胞ワクチン療法を自由診療でご提供するセレンクリニック東京で、副院長として臨床経験を積み、この度独立致しました。

 


 

これまで日の目を見てこなかった癌の免疫療法ですが、本庶佑先生が開発に携わられた抗PD-1抗体医薬(オプジーボ®)、James P. Allison先生が開発に携わられた抗CTLA-4抗体医薬(ヤーボイ®)の臨床効果が明らかとなり、免疫療法が癌治療のブレイクスルーとなったことが大きな衝撃をもって世界中で注目されるに至りました。

細胞を使った免疫療法はまだエビデンスが足りないと指摘をされていますが、既に米国では樹状細胞を含む細胞製剤(プロベンジ®)がFDA(米国食品医薬品局)に認可されて前立腺癌の治療に使用されており、本邦でもテラ社が本邦初の細胞製剤の保険承認を目指して和歌山県立医大で進行膵臓癌に対する樹状細胞ワクチン療法のランダム化比較試験による臨床治験を行っており、安全性確認の第一段階を突破し、有効性を実証する多施設共同試験の第二段階へと進んでおります。

本庶佑先生はノーベル賞受賞講演で、「これからの免疫療法の発展により、2030年頃には免疫療法が癌の治療のほとんどを占めるようになり、癌はコントロール可能な慢性疾患となるだろう」と予測されておられました。

「地球の周りを太陽が回っているのではなく、太陽の周りを地球が回っているのだ」…16世紀にNicolaus Copernicusは天動説を覆し、地動説を唱えました。先進的な学問は時にないがしろにされたりいわれのない非難を受けたりします。しかし、もうすぐ癌の治療の世界においてもコペルニクス的転回が起こるのではないでしょうか。

日本は免疫学において特に優れた業績を収め、北里柴三郎をはじめとして複数のノーベル賞受賞者も含む著名な研究者を多数輩出してきており、免疫学は日本の“お家芸”であるとまで言われています。日本の免疫学の発展に誇りを持ち、今後も不断の努力によってより効果の高い複合免疫療法の発展を目指して参りたいと思っております。

 


 

免疫反応は個体差が大きいことが特徴であり、実際に反応が良い方(レスポンダー)と反応が悪い方(ノン・レスポンダー)に分かれてしまうのが問題ですが、セレンクリニック東京副院長在任時、実際に長期生存を成し遂げ癌を克服した方(ロングサバイバー)も数々目の当たりにしてきました。大量のランダム化比較データは出せなくとも、自分がこの目で実際に見てカルテに残っている臨床記録はエビデンスではないのでしょうか。科学者は自分自身の目で観察した現象を最も重視して真理を実証してゆきます。また一方で、免疫療法が効きやすいのか効きにくいのかをあらかじめ予測できる指標(バイオマーカー)の開発も急がれています。本庶佑先生もお話しされていましたが、免疫細胞が多数存在している腸内の細菌叢の状態がバイオマーカーとして重要なのではないかということが最近注目されてきています。

テラ社の樹状細胞ワクチン療法は、東京大学医科学研究所の培養技術をもとに、本邦で12,000症例を超える患者様に安全に投与されてきた実績があります。当クリニックではテラ社の樹状細胞ワクチン療法を主軸に、様々な免疫療法を複合的に用いて癌の患者様を全力でお支えして参ります。また、免疫療法の実施に際しては、手術・抗癌剤治療・放射線治療の標準療法を行って下さる主治医の先生のご理解とご許可の下で緊密な連携を取りながら進めて参ります。さらに、抗老化(アンチエイジング)医療も導入し、癌の超早期での発見のためのスクリーニング検査(唾液サリバチェッカー検査アミノインデックス検査マイクロRNAミアテスト検査)なども行い、癌の罹患自体を予防的に減らしていくことに少しでも貢献したいと考えております。

色々と辛いお悩みが多いと存じますが、スタッフ一同で全力でお支えする所存ですので、是非一度我々にご納得いくまでじっくりとご相談下さい。

銘煌CITクリニック院長  藤田 成晴

 

モットー

不屈不撓

仁心仁術

至誠通天 

 Boys, be ambitious like this old man!

Dr. William Smith Clark

(1826.7.31 - 1886.3.9)

坂坦道 作「丘の上のクラーク」像

坂坦道 作「丘の上のクラーク」像

  ※ 写真はさっぽろ羊ヶ丘展望台ホームページより一部改変して引用

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME