メニュー

樹状細胞ワクチン療法

厚生労働省関東信越厚生局認可2018年11月8日:再生医療等提供計画番号PC3180169

 

樹状細胞

免疫系の“司令塔”と呼ばれる樹状細胞を大量に培養してがんの目印である「がん抗原」を取り込ませた形にして皮内に投与すると、樹状細胞は体内で“兵隊”の役割を果たすTリンパ球に「がん抗原」を教育します。樹状細胞によって活性化されてがん細胞を攻撃できる能力を持つようになったTリンパ球が、体内のがん細胞を見つけて標的として殺傷する治療です。

血液中の白血球の一種である単球を大量に集めて、培養して樹状細胞に分化させます。単球は培養しても分裂して増えないため、最初に大量に集める必要があり、血液を循環させながら白血球だけを集める「アフェレーシス」という処置を一日だけお受け頂くことが必要になります。

単球を培養して樹状細胞ができたら、「WT1ペプチド」(大阪大学の杉山治夫教授が開発された特許技術でテラ株式会社が独占実施権を保有)などの「がん抗原」を樹状細胞に取り込ませて、1000万個でワクチン1本として液体窒素に凍結保存し、2~3週間に1回程度の頻度で1本ずつ皮内注射をして、抗がん免疫を増強してゆきます。 

がんの樹状細胞ワクチン治療を詳しくお知りになりたい患者様は医療相談(初回無料)を随時行っておりますのでお電話でお気軽にご相談下さい。

東京大学医科学研究所発バイオベンチャー企業で本邦で12,000症例を超える実績を誇るテラ株式会社の培養技術で樹状細胞ワクチンを作製します。

テラマーク

樹状細胞ワクチン療法のテラ株式会社

2016年12月、テラ株式会社の連結子会社であるテラファーマ株式会社和歌山県立医大と進行した膵臓がんに対するWT1ペプチドパルス樹状細胞ワクチン(TLP0-001)の安全性と有効性を検討する本邦初となる医師主導治験の計画書を独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に申請し、2017年3月に二重盲検ランダム化比較試験が開始されました。中間解析の結果、その安全性が確認され安全性評価委員会から治験継続が承認されたため、今後11以上の医療機関による多施設共同研究に展開し、その有効性の評価が行われる次の段階に進んでおります。詳しくはテラ株式会社のホームページをご覧下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME