メニュー

活性化Tリンパ球療法

厚生労働省関東信越厚生局認可2019年2月26日:再生医療等提供計画番号PC3180253

 

癌細胞を攻撃するTリンパ球

24mL(採血管3本分)の採血を行い、2週間の培養を行って、活性化したTリンパ球を数百倍まで大量増殖させて体内に点滴で戻す治療です。Tリンパ球は体内で“兵隊”の役割を果たし、ヘルパーTリンパ球が様々な因子(サイトカイン)を出して免疫を活性化させ、キラーTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球)ががん細胞を殺傷します。樹状細胞ワクチン療法と比較すると、Tリンパ球にがんの目印である「がん抗原」を覚えさせて標的にするものではないので、がん細胞を攻撃する以外のTリンパ球も増えますが、体全体の免疫が高まります。末梢血の採血だけでTリンパ球の培養ができるため、全身状態が悪い場合でもお受けになれます。抗がん剤などで白血球の数が減ってしまった場合などでも、樹状細胞ワクチン療法に活性化Tリンパ球療法を併用することによって、抗腫瘍免疫の効果を高めることができます。

東京大学医科学研究所発バイオベンチャー企業のテラ株式会社の培養技術で活性化Tリンパ球を培養します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME