メニュー

活性化Tリンパ球療法

厚生労働省関東信越厚生局認可2019年2月26日:再生医療等提供計画番号PC3180253

 

癌細胞を攻撃するTリンパ球

24mL(採血管3本分)の採血を行い、2週間の培養を行って、活性化したTリンパ球を数百倍まで大量増殖させて体内に点滴で戻す治療です。Tリンパ球は体内で“兵隊”の役割を果たし、ヘルパーTリンパ球が様々な因子(サイトカイン)を出して免疫を活性化させ、キラーTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球)ががん細胞を殺傷します。樹状細胞ワクチン療法と比較すると、Tリンパ球にがんの目印である「がん抗原」を覚えさせて標的にするものではないので、がん細胞を攻撃する以外のTリンパ球も増えますが、体全体の免疫が高まります。末梢血の採血だけでTリンパ球の培養ができるため、全身状態が悪い場合でもお受けになれます。抗がん剤などで白血球の数が減ってしまった場合などでも、樹状細胞ワクチン療法に活性化Tリンパ球療法を併用することによって、抗腫瘍免疫の効果を高めることができます。

東京大学医科学研究所発バイオベンチャー企業のテラ株式会社の培養技術で活性化Tリンパ球を培養します。

がんの活性化Tリンパ球療法を詳しくお知りになりたい患者様は医療相談(初回無料)を随時行っておりますのでお電話やインターネットでご予約の上、お気軽にご相談下さい。

 

活性化リンパ球療法についての概略の説明は下記をご覧ください。

 


 

1980年代初め、米国国立癌研究所(National Cancer Institute ; NCI)のSteven A. Rosenberg博士によってリンホカイン活性化キラー細胞(lymphokine-activated killer cell ; LAK)療法が開発されました[参考文献1, 2]。LAK細胞と高用量のインターロイキン-2(IL-2)の併用投与は、腫瘍の縮小や時には進行癌の完全寛解をももたらし、マウスモデルおよびヒトの双方においてLAK細胞が腫瘍内に局在することが証明されました[参考文献3, 4]。しかし、高用量のIL-2の投与によって重篤な副作用もみられたため、LAK療法に対する期待は徐々に減退することとなっていきました。

1980年代後半、関根暉彬博士GCリンフォテック社会長)はLAK療法を改良し、活性化Tリンパ球療法(または活性化自己リンパ球療法)を開発されました[参考文献5]。活性化Tリンパ球はLAK細胞と違い、IL-2だけではなくTリンパ球のT細胞受容体(CD3)に対する抗体も使うことで2000倍までTリンパ球を増殖させることに成功し、LAK療法よりも安全に治療を行えるようになりました[参考文献5,6]。

関根暉彬博士が国立がんセンター研究所の共通実験室室長として在任時に、術後肝臓がんに対する活性化Tンパ球療法の再発予防効果を世界で初めて明らかにしその結果が英国の医学誌「The Lancet」に掲載されました。150人の肝細胞癌術後患者を対象としたランダム化比較試験で、活性化Tリンパ球療法が術後のがんの再発を予防する効果を持つことが、無作為の統計学的データによって科学的に証明されたのです [参考文献7]。

樹状細胞ワクチンは、がんの抗原をTリンパ球に教育し、Tリンパ球のがんに対する特異的な攻撃反応を誘発します。しかし、免疫力が低下しているがんの患者様Tリンパ球数も少なくなっていることが多いため、重篤な副作用なく安全に投与できる活性化Tリンパ球樹状細胞ワクチン併用する複合免疫療法が望ましいと考えられています。 活性化Tリンパ球と樹状細胞ワクチンの併用で相乗的な治療効果がもたらされることが期待されますが、実際に悪性黒色腫の患者様に対する活性化リンパ球と樹状細胞ワクチンを用いた複合免疫療法の効果が、後藤重則博士瀬田クリニックグループ 医療法人社団滉志会理事長)の主導された臨床試験によって明らかにされています [参考文献8]。

 

<参考文献>

  1. Grimm EA, Rosenberg SA, et al. Lymphokine-activated killer cell phenomenon. Lysis of natural killer-resistant fresh solid tumor cells by interleukin 2-activated autologous human peripheral blood lymphocytes. J Exp Med 1982; 155: 1823-1841.
  2. Rosenberg SA et al. Observations on the systemic administration of autologous lymphokine-activated killer cells and recombinant interleukin-2 to patients with metastatic cancer. N Engl J Med 1985; 313: 1485-1492.
  3. Keilholz U et al. Regional adoptive immunotherapy with interleukin-2 and lymphokine-activated killer (LAK) cells for liver metastases. Eur J Cancer 1994; 30: 103-105.
  4. Kjærgaard J et al. Biodistribution and tumor localization of lymphokine-activated killer T cells following different routes of administration into tumor-bearing animals. Cancer Immunol Immunother 2000; 48: 550-560.
  5. 関根暉彬 固層化CD3抗体により活性化したT Cell(CD3-LAK)を用いた養子免疫療法[Sekine T. Expansion of peripheral blood lymphocytes and tumorinfiltrating lymphocytes stimulated with immobilized anti-CD3 antibody for use in adoptive immunotherapy]. Biotherapy 1990; 4: 1606-1613.
  6. Sekine T, et al. A feasible method for expansion of peripheral blood lymphocytes by culture with immobilized anti-CD3 monoclonal antibody and interleukin-2 for use in adoptive immunotherapy of cancer patients. Biomed Pharmacother 1993; 47: 73-78.
  7. Takayama T, Sekine T, et al. Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellular carcinoma: a randomised trial. Lancet 2000; 356: 802-807.
  8. Goto S et al. Combined immunocell therapy using activated lymphocytes and monocyte-derived dendritic cells for malignant melanoma. Anticancer Res 2005; 25: 3741-3746.
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME