メニュー

NK細胞療法

厚生労働省関東信越厚生局認可2019年2月26日:再生医療等提供計画番号PC3180252

 

NK細胞

24mL(採血管3本分)の採血を行い、2週間の培養を行って、NK(ナチュラルキラー)細胞を数百倍まで大量増殖させて体内に点滴で戻す治療です。Tリンパ球は樹状細胞から「がん抗原」の情報に基づく指令を受けて精密な標的攻撃を行うのに対し、NK細胞は何も指令を受けずに自らがん細胞を攻撃します。Tリンパ球のように教育を受けて後から攻撃能力をつける免疫を「獲得免疫」といい、NK細胞のように何も教育を受けなくてももともと備わった力として敵を攻撃できる免疫を「自然免疫」といいます。NK細胞は、「がん抗原」というがんの目印自体を隠してTリンパ球からの攻撃を逃れているがん細胞を見つけ出して殺傷します。また、NK細胞は抗体が結合したがん細胞を認識して攻撃する「抗体依存性細胞傷害(antibody-dependent cellular cytotoxicity ; ADCC) 」という能力があるため、例えばハーセプチンなどの抗体医薬の抗がん剤と共に用いると相乗効果が得られます。さらに最近では、NK細胞は、体に様々な影響を及ぼし加齢性疾患を引き起こす「老化細胞(senescent cell)」を殺傷する能力があることも分かってきました。このようなことから、NK細胞はがんの免疫療法のみならず、アンチエイジング医療の分野でも大きな注目を浴びています。

東京大学医科学研究所発バイオベンチャー企業のテラ株式会社の培養技術でNK細胞を培養します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME