メニュー

新型コロナウイルスにつきまして

新型コロナウイルスで大変な状況となっておりますが、皆様は大丈夫でいらっしゃいますでしょうか。

新型コロナウイルスの蔓延を阻止するために皆で一丸となって努力していかなければならないと思います。

 

一つの対策として、外出後の手洗い・喉うがいが推奨されていますが、自分も実際に行っていることの一つとして「鼻うがい」をご紹介します。

 

以前、札幌で一般内科診療をしていたこともあり、冬季の厳しいインフルエンザ流行期にも対応しましたが、インフルエンザの迅速検査は鼻の粘膜の鼻汁を綿棒で吸収して行います。鼻の奥にインフルエンザウイルスが付着しているからです。

 

新型コロナウイルスに関しても、鼻の粘膜に付着しやすいとの情報があります。

 

そうはいうものの、なかなか鼻の奥というのは洗えないのですが、お勧めは、株式会社 東京鼻科学研究所の「ハナクリーンS」です。微温湯に付属の「サーレS」という食塩入りパックを溶かして、鼻に注入して奥まで快適に洗浄することができます。生理食塩水の濃度で、ちょうど粘膜の浸透圧と同じになっているので、水道水や海水が鼻に入った時のような痛みは全くありません。

 

耳鼻咽喉科の先生からの、「なんとか自宅で鼻腔洗浄ができるような装置は作れないか」との要望から、専門の洗浄装置が開発され、それをもっと手軽にできるようにと「ハナクリーンS」が考案されたそうです。

ハナクリーンS

お出かけ後には、手洗い・喉うがいに加えて、この「鼻うがい」を行うと更にウイルスへの防御効果が高まるものと思っております。一方で「鼻うがい」で花粉症も楽になるという利点もあります。

 

封鎖された武漢市で、新型コロナウイルスに感染せずに生き延びているご家族は、さらに、「目洗い」、「顔洗い」、「服の消毒と交換」などまで徹底しているとのことです。新型コロナウイルスは目の粘膜からも感染する可能性があるとの情報があり、要注意と思います。

 

◇   ◇   ◇

 

慶應義塾大学医学部や理化学研究所でプラスミド作製等の遺伝子組み換え実験にも従事して参りました院長藤田のあくまでも個人的な見解として、この新型コロナウイルスが、コウモリコロナウイルスやSARSウイルスを研究している武漢ウイルス研究所最高危険度の病原体を扱うバイオセーフティーレベル4の研究施設)及び武漢疾病予防管理センターコウモリを用いた動物実験を実施)の存在する武漢から広まったことは偶然ということのみでは説明できないのではないかと考えており(※1)、自然界から単純に飛来したウイルスであるのかもしくは研究室で実験に用いられていたウイルスであるのかどうかも含めて、これから長期間かけて真実が徐々につまびらかになってくるものと考えております(※2)。例えば、新型コロナウイルスの「スパイク蛋白」と呼ばれる構成部分の4か所に特徴的なアミノ酸配列の挿入がみられ、これがHIVの「gp120エンベロープ蛋白」と「Gag構造蛋白」と類似していることが疑われると主張した論文が2020年1月31日に発表されましたが、武漢ウイルス研究所の石正麗研究員らによって2020年1月27日になって突如新たに公開されたコウモリコロナウイルス(6年半も前の2013年7月24日に中国でキクガシラコウモリから採取されたものとされている)の「スパイク蛋白」のアミノ酸配列のデータ(QHR63300)に同様の部分が存在しているとの反論が出るなどして、外部からの強い圧力により2020年2月2日に発表からわずか2日後で取り下げられるなど、様々な議論が続いています。(※3)

 

※1 石 正麗 研究員などが行っていた チュウゴクキクガシラコウモリ由来コロナウイルスをSARSウイルスと融合させた人工遺伝子組み換えウイルスの肺感染力と致死性に関する研究 [Nature Medicine] の論文 ( A SARS-like cluster of circulating bat coronaviruses shows potential for human emergence ) などをご参照下さい

 

※2 小生と全く同様の個人的見解を述べられている専門家の記事については 「未知のウイルス警戒を」「国民守る対外情報収集力が鍵」――毒物研究の世界的権威、アンソニー・トゥー氏が日本に警鐘 [nippon.com] の記事などをご参照下さい

 

※3 Bishwajit Kundu 教授らが発表した 新型コロナウイルスのスパイク蛋白の挿入部分のHIVの gp120蛋白・Gag蛋白への不気味な類似性 [bioRxiv] の論文 ( Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike protein to HIV-1 gp120 and Gag ) は、プレプリントとして発表されましたが異例の速さで取り下げられました [国立国会図書館 カレントアフェアネス・ポータル]

 

チュウゴクキクガシラコウモリ (Chinese horseshoe bat)

[ THE WALL STREET JOURNALより引用 ]

キクガシラコウモリ(Horseshoe bat)は、鼻孔から発射された超音波パルスが、鼻孔の周囲に発達した複雑な形の「鼻葉」で収束してビーム状となって標的(餌となる昆虫)に向けられ、反射したエコーが耳介で感知される(「鼻葉」がの花あるいは馬蹄horseshoeに似た形であることからこのように命名された)

 

新型コロナウイルスで認められるがSARSウイルスには存在しないスパイク蛋白の4か所のアミノ酸配列の挿入部分

[ Bishwajit Kunduらの取り下げ論文より引用 ]

(後にコウモリコロナウイルスに同様のアミノ酸配列が存在しているなどの反論が出された)

 

新型コロナウイルスのスパイク蛋白三量体の立体構造と4か所の着目部分

[ Bishwajit Kunduらの取り下げ論文より引用 ]

 

 

中国やイランで道端で立った人がそのまま失神するように転倒して亡くなったり、ストレッチャー上で痙攣を起こしたりしている動画を見て、自分は中枢神経系等にも影響を及ぼす可能性を疑い、尋常なコロナウイルスではないと直ちに臨床的に判断しましたが、この新型コロナウイルスが髄膜炎・脳炎も引き起こすことが山梨大学医学部で証明されたとのことです( 追補:AFP BB NEWS  2020/4/22 新型コロナ患者に錯乱やけいれん、脳への影響懸念 )。また、血栓症の発生が新型コロナウイルスによる突然死の引き金となっているのかもしれません(追補:FNN PRIME online 2020/4/27 日本人医師が警鐘…新型コロナウイルスが「血栓」促進か 米で若年層の脳梗塞相次ぐ )。

 

福島原発事故の直後に、NHKニュースでは「メルトダウンはしていない、落ち着いて下さい」という専門家の意見が連日流れていました。実際には既にメルトダウンしていたことは早い段階で推測されており、真実が隠蔽されていたのではないかと思っております。

今回の新型コロナウイルスに関しても、真の情報は自分自身で得るしかないと考えております。市民が命懸けで撮った動画も世界から次々に発信されています( 参照動画 [中国]  /  参照動画 [中国]  /  参照動画 [中国]  /  参照動画 [イラン]  /  参照動画 [イタリア] )。

「普通のかぜウイルスと大して変わらない」などとは決して考えずに、これまで世界が経験したことのない苛烈な病原体の感染防止に個々人が最大限の努力を払い、そしてこの大きな困難に日本は最先端の科学の力と国民の団結で立ち向かってゆくしかないと思います。

 

 

新型コロナウイルスの国別感染者数(中国以外) By nanami773

[ nanami773 - Flourishより引用 ]

 

新型コロナウイルス・世界の感染者数(随時更新)By Japan Data

[ nippon.com-Japan Dataより引用 ]

 

人口100万人あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移(国別)By 札幌医科大学 フロンティア医学研究所・ゲノム医科学部門

[ 札幌医科大学-プレスリリース・メディアより引用 ]

 

 

私共はクリニックで患者様お一人お一人の命をお助けするために必死でやっております。

全世界の何千人何万人ものかけがえのない命を、あっという間に奪ってゆく新型コロナウイルスが、万が一にも「人災」であったとするならば、到底許しがたいことであると言えましょう。

 

 

 

手塚治虫「ブラック・ジャック」より

 

 

◇   ◇   ◇

 

院長藤田よりメッセージ:

 

 一番大切なものは命であるはず

世界の皆様

  頑張ってこの理不尽と戦いましょう

 

 

アルビノーニ Albinoni - ジャゾット Giazotto 「アダージョト短調 Adagio in G minor」  ステファン・ハウザー Stjepan Hauser
ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団 Zagreb Philharmonic Orchestra

Stjepan Hauser

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME