メニュー

唾液がんリスクスクリーニング検査

当院では、慶應義塾大学発のベンチャー企業であるサリバテック社の唾液がんリスクスクリーニング検査「サリバチェッカー」がお受けになれます。がんになるとがん細胞から下記のような「ポリアミン」と呼ばれる代謝物質の仲間が血中に漏れ出し、唾液の中でも高濃度になることが知られており、これを高精度で測定することによって、膵臓がん肺がん大腸がん口腔がん乳がん(女性のみ)のリスクを判定する検査です。

スペルミン

スペルミン

スペルミジン

スペルミジン

※分子構造式及び分子模型図はMolViewにて作成

ポリアミンの血管への漏出

ポリアミンの血管への漏出

※図は Kuniyasu Soda. The mechanisms by which polyamines accelerate tumor spread. J Exp Clin Cancer Res. 2011; 30(1): 95. の論文より一部加筆して引用

 

 

検査はとても簡単で、太めのストローを使ってチューブの中に0.5mL程度の唾液を出して頂くだけで終了です。写真のコップの中に見えている水色のドーナツ状のものは保冷剤で、チューブをこの保冷剤に立てながら唾液を採取して頂きます。採取した唾液サンプルは直ちに冷凍して、サリバテック社に送って解析して頂きます。

サリバテック社の唾液がんリスクスクリーニング検査「サリバチェッカー」は、 テレビ東京20181218放送 「第845回 日経スペシャル ガイアの夜明け がんの「超」早期発見に挑む!〜日の丸ベンチャーの底力〜でも取材されました。採血の辛い痛みなどもなく、早期診断が難しいがんのリスクを簡単に調べられるため、ご家族様や会社単位でのお申し込みを多数頂いております。ご家族割引および法人向け割引開始しましたので、ご家族の皆様の健康管理や社員の皆様の福利厚生にご活用下さい。料金などの詳細については治療料金のご案内のページもご覧下さい。

サリバチェッカー

サリバチェッカー

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME